おすすめの動画配信サービスU-NEXTの評価・口コミはこちらボタン

【解説】「S.W.A.T.」シーズン3 第14話「憎悪」あらすじ・感想 一方的な憎悪

URLをコピーする
URLをコピーしました!

*ネタバレを含みます、ご注意ください。

シーズン3第1話「空からの脅威」に関しては↑で紹介しています。

ある日身に覚えのない憎悪を向けられた結果、一方的に攻撃されることになったらどうでしょう。

そういった身に覚えのない憎悪を向けられてしまった結果、被害者側は何も悪いことをしていないにも限らずある日突然悲惨な目に遭わされてしまう。

今回はそのような「無慈悲な憎悪」によって巻き起こされる事件にホンドーが立ち向かいます。

第13話「液体らしく」に関しては↑で解説しています。

目次

「S.W.A.T.」シーズン3 第14話「憎悪」のあらすじ

ルカの日常

ルカが自宅でリハビリのためのトレーニングを行っていたところ、家の付近で銃撃事件が発生。

撃たれた人間の付近には友人であるマーカスがおり、マーカスは犯人に復讐をするという。

マークスの復讐を止めるために、ルカはマークスを連行する。

銃撃事件発生

ある日突然弁護士事務所に男が押し入り、女性弁護士と女性従業員が射殺されてしまう。

ホンドーたちS.W.A.T.が捜査をしたところ、4日前にウェザリーという男が容疑者として上がる。

ウェザリーは恋愛指導のセミナーを行っており、セミナーの準備中ホンドーたちがウェザリーを連行する。

しかしウェザリーは事件当時配信中でアリバイがあり、捜査は振り出しに戻ってしまう。

その頃新たに大学女子寮での銃撃事件が発生してしまう。

犯人の追跡

女子寮ではすでに銃撃が行われており、中では何人もの銃で撃たれた被害者がいた。

そこで犯人はまだ近くにおり、ホンドーたちは犯人を慎重に追跡する。

しかし犯人はすんでのところでいなくなっており、見失ってしまう。

現場検証をしたところ今回使われた銃は、弁護士事務所で使われた銃と同じものであることが判明する。

チャットルームの存在

同様に容疑者であるデイブ・ワーナーを捕らえたところ、デイブも白であった。

しかしウェザリーとデイブは同じチャットルームの会員であり、共通点があることが判明した。

捜査を進める中で、チャットルームの書き込みを読んだ何者かが犯行を行っていることがわかった。

そしてチャットルームで過激思想を持っているものたちをピックアップして自宅へ突入するもすでにいなくなっていた。

ホンドーたちはこの過激な思想を持つ犯罪者たちを捕らえることはできるのか、憎悪の連鎖を止めることはできるのか。

「S.W.A.T.」シーズン3 第14話「憎悪」の感想

一方的な憎悪

今回は特定の誰かを憎んでの犯行ではなく、ふわっとした対象があってそこに強い憎悪を抱いた結果、悲惨な犯行に及んだというものでした。

今回の犯人は弁護士事務所や女子寮を襲った犯人ではなく、一方的な過激な憎悪の感情なのです。

だからこそ最後実行犯を逮捕したとしても反抗が止まることはなく、また新しい犯人が出てきて反抗が繰り返される。

正直その憎悪の対象にされてしまう人にとってはたまったものではないですよね。

最後の結末には終わることのない憎悪の虚しさとそしてクリスの勇気を感じる場面でした。

どちらかを得すればどちらかが損をする

今回のチャットルームでは男性が女性への不満を書き込むというものでした。

チャットルームの管理人はこう言います。

「多様性多様性というけれどそれによって男性の権利も失われつつある」と。

確かに完全な50対50はほぼ不可能な数字だと思います。

どちらかの権利が上がればどちらかの権利が下がってしまう。

だからといって犯罪を起こしてよい理由には全くなりませんが、難しい問題ですね。

ドラマ「S.W.A.T.」シーズン3がU-NEXTなら見放題!

無料体験期間中の解約なら月額0円

「S.W.A.T.」シーズン3 第14話「憎悪」まとめ

今回は一方的な憎悪に取り憑かれた人々が多くの罪のない人々を巻き込む事件を起こしていく。

そんな犯人たちにホンドーたちS.W.A.T.チームが立ち向かっていきます。

姿の見えない犯人たちをどのように追跡していくのか。

犯人との攻防に注目です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけると泣いて喜びます!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる