おすすめの動画配信サービスU-NEXTの評価・口コミはこちらボタン

【ネタバレあり】「S.W.A.T.」シーズン2第5話「SOS」のあらすじ・感想 ホンドーの危機

URLをコピーする
URLをコピーしました!

シーズン2の第1話のあらすじ・感想は↑で解説しています。

「S.W.A.T.」シーズン2第5話「SOS」では舞台が客船になります。

ハイジャックされた客船にホンドーたちが潜入し犯人を制圧するというこれまでの回とは少し違う形で物語が展開されていきます。

状況の見えないハイジャックされた客船にホンドーたちがどのように対処していくのか。

第4話「同胞の罪」のあらすじ・感想は↑で解説しています。

目次

「S.W.A.T.」シーズン2第5話「SOS」のあらすじ

客船ハイジャック発生

ある客船の倉庫にて警備員が不審者の男2名を発見。

最初の警備員は不意をつかれて射殺されてしまい、2回目にきた警備員が命かながら逃げ延びて、救援信号をだす。

船長たちがいる操縦室ではハイジャック信号を受け、船内の様子を見に行くところであった。

しかし船員の1人が様子を見に行こうとした矢先に男たちが操縦室に乱入。

船員の1人が射殺されてしまう。

S.W.A.T.アカデミー開講

予算削減の影響でいつもは5名通過できるS.W.A.T.アカデミーも今年は1名という超狭き門になっていた。

ストリートはそんな狭き1枠を獲得するため、アカデミーに参加した。

そこではマムフォードとルカが共感となり、厳しい訓練が課されている。

ストリートは手強いライバルたちと1枠をかけて戦うことになる。

客船への潜入

一方ホンドーたちS.W.A.T.チームでは、客船にいるコナーという人物から船内部の情報を掴み、どうやって船に乗り込むかを話し合っていた。

そこでホンドーとクリスが泳いで船に向かいそこでコナーと落ち合うことがベストであると判断したのであった。

そして準備を進め、ホンドーとクリスは船に向かい、コナーと合流する。

ハイジャック犯の制圧

当初ハイジャック犯は2名であると思われていたが、別の場所で行動していたディーコンとタンから犯人は5名いることが判明する。

そうして犯人を制圧するためにホンドーとクリスは船内を歩き回り、犯人の1人と遭遇し、銃撃戦が繰り広げられる。

そうしてホンドーたちの存在が操縦室を占拠しているホープ兄弟に知られることになり、デッキの外に出たものは銃撃すると言われてしまう。

そしてホンドーは次の手段としてホープ兄弟のもとに現れ、2名と対峙することになる。

ホンドーの提案

ホンドーはホープ兄弟たちのリーダーである黒幕にある提案をする。

ホンドーは黒幕との会話をS.W.A.T.本部と無線でつなぎ、黒幕の居場所を調べる。

音声から黒幕は船の中にいることが判明。

同じく船内にいたクリスが黒幕を捕らえるため、船内を探索する。

そしてクリスは黒幕がいるであろうクラウドラウンジに到着する。

クリスは果たして黒幕を発見し、捕らえることができるのか。

「S.W.A.T.」シーズン2第5話「SOS」の感想

見えないハイジャック犯との戦い

今回客船がハイジャックされてSOSがS.W.A.T.チームに送られてきますが、S.W.A.T.チームでは客船内部で何が起きているのかわからない状況です。

犯人は何人いるのか、どこにいるのか、どんな武器を所持していて何者なのか。

ある意味正体不明の相手との一進一退の攻防は1シーンごとハラハラします。

黒幕は別にいる

物語中盤までは犯人はホープ兄弟だけで彼らが黒幕であると思われていました。

しかし今回の事件はただのハイジャック事件ではなく、黒幕は他の乗客に紛れてそこから指示を出していました。

つまりホープ兄弟も黒幕に使われているだけであったのです。

黒幕をクリスがどのように探すのか、探す前にやられてしまうのか。

ホンドーとホープ兄弟だけでなく、クリスと黒幕との攻防も見ものです。

「S.W.A.T.」シーズン2第5話「SOS」まとめ

今回はハイジャックされた客船からのSOSによって物語が始まりました。

実際に客船内ではどのような形でハイジャックが行われているのかわからない状況でホンドーとクリスが乗り込みます。

犯人の狙いは何なのか。

人質が取られている+犯人の実態がわからない中で繰り広げられる攻防は見ものです。

ドラマS.W.A.T.シーズン2を見るならU-NEXT!

無料体験期間中の退会なら月額0円!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけると泣いて喜びます!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる