おすすめの動画配信サービスU-NEXTの評価・口コミはこちらボタン

【解説】「S.W.A.T.」シーズン3 第2話「妄信」あらすじ・ネタばれ カルト宗教の脅威

URLをコピーする
URLをコピーしました!

*ネタバレを含みます。ご注意ください。

妄信(もうしん) の意味

[名](スル)むやみやたらに信じること。ぼうしん。「記事を妄信するな」

引用:goo辞書

「S.W.A.T.」シーズン3 第2話「妄信」ではタイトルの通り、カルト集団の考えを疑うことなく信じてしまった信者たちが引き起こしてしまう恐ろしい事件に対してホンドーたちS.W.A.T.チームが立ち向かいます。

カルト宗教信者たちの容赦ない犯行にホンドーたちは対処することができるのか。

第1話のあらすじ・ネタバレは↑で解説しています。

今回は第2話「妄信」のあらすじ・ネタバレを解説していきます。

目次

「S.W.A.T.」シーズン3 第2話「妄信」のあらすじ

ドミニク・ルカの提案

ある日、ホンドーはヒックスから警部補のハイパー・リンチを紹介され聞き取りを行われる。

リンチはより良い組織づくりのためというが、ヒックスからは実際には人員整理のためにリンチを派遣したと言われる。

その頃S.W.A.T.チームではルカがチームメンバーに料理を振舞っている。

ただ料理を振る舞うだけでなく、ルカは屋台を出したいと思っておりその出資をメンバーに募るのであった。

事件発生と鎮圧

マーティンウェスト州立病院にて清掃員に扮した男が潜入し、中にいた女ルーズに銃を渡し銃撃事件が発生。

駆けつけた警備員は銃撃されてしまい、捕虜にされてしまう。

占拠された病院にホンドーたちは現場に到着。

病院に突入するも病院ではいたるところで患者が暴れまわっており、収束に苦戦してしまう。

S.W.A.T.チームはそれぞれメンバーで手分けして事態の収束に当たる。

クリスはルーズの協力者であるバニーサを確保。

ストリートも暴れる巨漢の患者を苦戦の末確保し、現場の混乱は収束する。

犯人の正体と狙い

事件収束後、ホンドーたちは捕虜にされていた警備員に事件の詳細を確認。

今回病院の占拠事件を起こした主犯格はルーズピアソンであり、清掃員に扮した男はルーズピアソンの息子であることが判明する。

ルーズピアソンは夫婦でカルト集団を作り上げており、かつて9年前の集団自殺の事件で夫の方はなくなっていた。

しかしルーズの方は生きており、当時責任能力がないと判断され裁かれることはなく病院に入ったとのことだった。

そして今回の事件ではルーズのみではなく、その息子たちであるセオ・ヅマ・ベンの3人が関わっていることが判明する。

ルーズたちは9年前と同様集団自殺事件を目論んでおり、事態は一刻を争うようになる。

ホンドーたちは9年前のカルト教団事件での関係者に会いに救済センターに行き、事件当時の状況を詳しく聞き取る。

カルト集団との攻防

タンとストリートは捜査中にセオ・ピアソンを発見。

セオを追跡し追い詰めるもセオは自身に火をつけて自殺してしまう。

その頃ホンドーたちS.W.A.T.チームはピアソンが集団自殺現場として用意した場所を割り出し、突入を開始。

ピアソンではすでに集団自殺の準備が着々と進められており、信者の体に灯油をかけ火をつける直前となっている。

そこへS.W.A.T.チームとピアソンたちとの銃撃戦が繰り広げられる。

ルースは銃撃戦の最中逃げ出し、それをホンドーが追う。

ついにホンドーはルースを追い詰めるもルースから「死を考えたことはある?」と問われる。

「S.W.A.T.」シーズン3 第2話「妄信」の感想

カルト教団の怖さに恐怖心が走る

今回のカルト教団の怖さを特に知るのは、ホンドーが教団の救済センターに行った時に話を聞いた9年前の事件の当事者だった人物からの話です。

当時は何の疑いを持つことはなかった

通常で考えれば、集団自殺なんてことは考えないし、おかしいと思うものです。

しかし当時ルース・ピアソンたちに洗脳されていた彼らにとってはそんな恐ろしいことも当たり前のように感じられてしまっていたのです。

ホンドーとルカの友情(普段の行いって大事)

結局ルカの屋台の提案に対して、出資をするといったメンバーはいませんでした。

しかしホンドーはルカの屋台に対して出資することを決めます。

しかしそれは屋台の可能性に対してだけではありませんでした。

ホンドーは料理や屋台というビジネスモデルではなく、ルカ自身の普段の行いからルカならやれるといった信頼からでした。

その瞬間普段の行いって大事だなというのとホンドーとルカの友情を改めて感じる場面でしたね。

新しい登場人物ハイパー・リンチの登場で波乱の予感

前作でFBIに行ったジェシカ・コルテスの代わりに、今回ハイパー・リンチが登場します。

まだそこまで目立った動きは見せていませんが、ヴィクター・タン曰くかなりのやり手であり何よりホンドーと意見が合わない人物です。

間違いなく今後の回で波乱を巻き起こすことでしょう。

今後どのような形で物語に関わってくるのか楽しみです。

10月15日からドラマ「S.W.A.T.」シーズン3が見放題!

無料体験期間中の解約なら月額0円

「S.W.A.T.」シーズン3 第2話「妄信」まとめ

今回はカルト教団が絡む事件に、ホンドーたちS.W.A.T.チームが立ち向かう物語でした。

もともとは善人でも洗脳されることでここまで狂気に走ってしまうのかと感じる回でもありました。

そしてハイパー・リンチという新しい上司も現れ、今後の展開の新しい始まりでもあります。

今後の展開に注目です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけると泣いて喜びます!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる